2010年10月15日

試験に受かるユダヤ式記憶術 レビュー 松平勝男


詳細はこちらをクリック


ユダヤ式記憶術が受験勉強に向いているわけ


「ユダヤ式記憶術」というテクニックがあるのを知っていますか?
数ある記憶術の中でも、おそらく、最も試験勉強に使えるものです。


その最大の理由は、左脳を使うタイプの記憶術だからです。


「記憶術」というと、ほとんどの人が思い浮かべるのは右脳タイプ。
つまり、連想やイメージを全面的に使うような記憶法ですね。


ところが、右脳タイプの記憶術には大きな弱点があります。


まず、習得するのが非常に難しいということ。
才能が関係するとも言われています。
マスターできる人と、できない人がいると。


それから、理屈を伴う複雑な知識を取り扱うのが苦手だということ。
例えば、英単語の意味を短時間にたくさん記憶することは得意です。
しかし、体系化された知識を記憶することは不得手なのです。


さらに、長期記憶に残り難いという欠点もあります。


それに対して、松平勝男氏の「試験に受かるユダヤ式記憶術」は全く逆。


● 誰でも習得できる
● 体系化された知識を記憶できる
● 長期記憶に残りやすい
● 記憶した知識を思い出す仕組みがある


大人になると、脳は左脳の働きが優位になります。
つまり、左脳を使う「ユダヤ式記憶術」は習得しやすいのです。


「左脳を使う」というのは、理屈を理解するということです。
理屈を理解し納得して覚えた知識は、簡単には忘れません。


「試験に受かるユダヤ式記憶術」には記憶するための仕掛けがあります。
ある図式に当てはめて覚えていけば、自然と記憶できるのです。


そして、その図式がたった一種類でよいというのが重要な点です。
何でもその図式を使えばよく、ワンパターンでOK。


さらに、その図式には記憶した知識を思い出すキッカケが用意されているのです。
だから、1つの知識から関連する別の知識を芋づる式に思い出すことが出来ます。


「ユダヤ式記憶術」を習得すれば、覚え方に悩むことはもうありません。
予め用意された枠組みに当てはめて行くだけです。
知識のインプット・保持・アウトプットの全てが効率化されます。


「試験に受かるユダヤ式記憶術」の効果を一度体験して見ませんか。


詳細はこちらをクリック




松平勝男氏の「試験に受かるユダヤ式記憶術」のレビュー、口コミ、効果などの情報を公開しています。ユダヤ式記憶術は左脳タイプの記憶術なので誰でもマスターでき、試験勉強向きです。




速読勉強法「ドクターブレイン」 レビュー 吉岡節夫


原口式記憶術 原口證 レビュー


公立高校入試必勝マニュアル 谷澤潤 レビュー


posted by Gakkinco at 20:19| 試験に受かるユダヤ式記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。